BIGHANDS 広島大学陸域環境研究会

概要

【インドネシア都市化流域研究】
本研究では、沿岸域に多く発達する都市において、地下水資源の質的リスク(汚染や塩水化)の多様性を解明することを目的とする。すなわち、沿岸都市の“地下水の脆弱性”に関する多様性を評価するものである。

【農業流域環境革新研究】
本研究では、農業及び沿岸環境相互の保全を実現する流域型農業革新、すなわち最適な流域水・栄養塩・土砂再利用システムを提案し、それを効果的に運用するための地域社会システムを構築し農業地域に広く展開することを目的とする。

お知らせ

ホームページをリニューアルしました。NEW

2020年度 第5回HURu-SAtoインキュベーション拠点研究会
流域圏健全環境と持続可能性~気候変動影響編~PDF
共催:陸域環境研究会、資源エネP、環境科学共同セミナー

第855回 環境科学共同セミナーPDF

日時 : 2020 年 12 月 11 日(金)
場所 : 広島大学 総合科学部 K204 (講義棟)

プログラム・スケジュール(仮)

15:20-15:30 はじめに 小野寺真一(広島大学 先進理工研)
15:30-16:00 清水裕太(農研機構西日本農研センター)
瀬戸内海流域における気候変動の栄養塩流出に及ぼす影響 -モデルによる解析
16:00-16:15 コメント 小原静夏(広島大学  統合生命)、杉木恒彦(広島大学 人間社会)、田中貴宏(広島大学 先進理工)
16:20-17:00 作野裕司(広島大学 先進理工)
衛星による流域からの物質流出の推定
-西日本豪雨時の懸濁物質流出および海洋ごみの移動-
17:00-17:20 コメント 齋藤光代(岡山大学 環境生命)、岩本洋子(広島大学 統合生命) 、横山 真(福山市大 都市)
17:20-17:50 総合討論

[第 0 部-a] GIS Day in 中国  13:00-15:05 Web 開催
https://home.hiroshima-u.ac.jp/ttanaka/gisday2020.htm

[第 0 部-b] 大崎下島 現地調査(12/14~)展望 14:30-15:10 K204

[第 2 部] 12 月 12 日(土)  9 時~12 時  総合科学部 C617(予定)
 統合モデル WG 「SWAT モデルとリモートセンシングデータの統合」
 講演内容 10 時~ SWAT モデル解析 Wang Kunyang(広島大学 総合科学 D2)
      11 時~ ドローンデータ解析 白石朗光・岩田徹(岡山大学 環境生命研)

総合討論

2020年度 第4回HURu-SAtoインキュベーション拠点研究会
流域圏健全環境と持続可能性~ミャンマー編~PDF
共催:陸域環境研究会、資源エネP、環境科学共同セミナー

第852回 環境科学共同セミナーPDF

日時 : 2020 年 11 月 13 日(金)
場所 : 広島大学 総合科学部第1会議室 (事務棟3階)

プログラム・スケジュール

13:00-13:10 はじめに 小野寺真一(広島大学 先進理工研)

[森林保全編]

13:10-13:40 奥田敏統(広島大学 統合生命研) 環境省プロジェクトの成果と課題
13:40-14:10 山田俊弘(広島大学 統合生命研) 森林保全とその流域圏健全循環への課題
14:10-14:30 総合討論

コメンテーター;長坂 格(広島大学 人間社会研)、石田卓也(広島大学 先進理工研)

休憩 10 分

[流域編]

14:40-15:10 落合博貴(日本森林技術協会) JICA プロジェクトの成果と課題
15:10-15:40 鈴木 圭(日本森林技術協会) JICA ニーズ対応とその成果と課題
15:40-16:00 総合討論

コメンテーター;田中貴宏(広島大学 先進理工研)、清水裕太(農研機構西日本農研)

[沿岸編]

16:00-16:30 小池一彦(広島大学・統合生命研) 科研プロジェクトの成果と課題―マングローブおよび沿岸生態系保全と沿岸健全循環への課題

[総合討論]

16:30-17:10 コメンテーター;岩本洋子(広島大学・統合生命研)、齋藤光代(岡山大学)
とりまとめ;小野寺真一

[第2部] 総合展望 17:30-19:30

[エクストラ編] 14日-15日 SWAT モデル ワーキング

第6回公開シンポジウム
「持続可能社会-里山とエネルギーと地域」PDF

主催 広島大学大学院総合科学研究科21世紀科学プロジェクト
共催 広島大学エネルギー超高度利用研究拠点、エコネットひがしひろしま、広島大学SATO研究拠点、陸域環境研究会、環境共同セミナー
後援 東広島市

第851回 環境科学共同セミナーPDF

日時 2020年10月24日(土)13時~16時
場所 広島大学総合科学部 第1会議室 (入場人数制限のため事前登録のみ)

★要旨集はこちらPDF

開会挨拶等 13時10分~
はじめに 広島大学大学院先進理工系科学研究科 教授 小野寺真一

講演 13時20分~15時20分
高垣広徳 東広島市 市長 「東広島市の環境政策」 餘利野直人 広島大学大学院先進理工系科学研究科 教授 「安心社会のマイクログリッド構想」 田中貴宏 広島大学大学院先進理工系科学研究科 教授 「地域づくりとバイオマスエネルギー利用」 更科安春・三宅紘一郎 一般社団法人まめな 代表理事 「大崎下島久比地区での地域活動」

15時30分~16時00分 司会:広島大学大学院先進理工系科学研究科 教授 市川貴之
「東広島市のバイオマスの利活用について」
話題提供;現状の活動状況   東広島市環境対策課環境先進都市推進統括監  波谷一宏
コメンテーター:広島大学大学院先進理工系科学研究科 教授 市川貴之
わくわくソーラーシェアリング・ファーム代表 重家雅文

閉会挨拶 16時00分

コーディネーター 小野寺真一 広島大学大学院先進理工系科学研究科
082-424-6496  sonodera@hiroshima-u.ac.jp

講演会の開催についてPDF

日時 2020年10月24日(土)13時~16時
場所 広島大学総合科学部 第1会議室 (入場人数制限のため事前登録のみ)
演題 「北極海-大気-植生-凍土-河川系におけ る水・物質循環の時空間変動
(科研費基盤 S 研究 プロジェクトについて)」
(Pan-Arctic Water-Carbon Cycles: Project of Grant-in-Aid for Scientific Research (S) in JSPS)
講演者 名古屋大学 檜山哲哉 教授

SATO拠点研究会

日時 9月23日(水)14:30~17:30
場所 総合科学部 第1会議室 前回と同じ
オンライン Zoomミーティング
https://zoom.us/j/97401610343?pwd=U2VRVE01Uko2Q2RiQUtoZkEraWFUZz09
ミーティングID: 974 0161 0343
パスコード: 5ck0YM
話題提供 前半2時間
はじめに 小野寺真一 (先進理工研)『SATO NETへの可能性』
[里山編] 淺野敏久(人間社会研)『広大博物館の「地域まるごと博物館」の取り組み 』
[里水編] 今村直広(森林総合研究所)『里山を取り巻く森林の現状と課題』
[里海編] 小原静夏(統合生命研)『広島の里海について』
特別講演 開發一郎(名誉教授) 『東広島の地下水および水資源について』
総合討論 後半1時間
コメント 話題提供者以外
総合討論 本部からの要請、今後の計画、共同研究申請、その他

2020年度 第1回 都市-農村流域圏の健全循環創成(SATO NET創成)研究拠点 会議

日時 7月27日(月)14:30~17:30
場所 広島大学 総合科学部 第1会議室 もしくは、Zoom
※学外の方で広大にお越しの方は旅費等を別メールで相談させてください。
1)拠点概要(メンバー紹介を含む)およびヒアリング結果概要
2)課題の確認(コメントを含む);メンバーの融合、大型資金研究費獲得、新規メンバー依頼
3)活動方針
4)予算執行方針
PAGE TOP