BIGHANDS 広島大学陸域環境研究会

概要

【インドネシア都市化流域研究】
本研究では、沿岸域に多く発達する都市において、地下水資源の質的リスク(汚染や塩水化)の多様性を解明することを目的とする。すなわち、沿岸都市の“地下水の脆弱性”に関する多様性を評価するものである。

【農業流域環境革新研究】
本研究では、農業及び沿岸環境相互の保全を実現する流域型農業革新、すなわち最適な流域水・栄養塩・土砂再利用システムを提案し、それを効果的に運用するための地域社会システムを構築し農業地域に広く展開することを目的とする。

お知らせ

ホームページをリニューアルしました。NEW
 2021年7月31日 2021年度 第3回SATO拠点研究会 
第7回公開シンポジウム「地域と環境の持続可能性―酒都西条―」

日時:2021年7月31日(土) 14:00~17:00(13:30開場)
場所:広島大学総合科学部 K305(無料)、Zoom配信・You Tube公開予定 
  ※入場およびZoom参加も事前受付のみ

開会挨拶等 14 :00 ~ *以下敬称略
  西条・山と水の環境機構理事長 前垣嘉男
 市役所(市長or産業部部長)
 SATO インキュベーション研究拠点 小野寺真一
講演 14 : 30 ~16 : 30
 中越信和(西条・山と水の環境機構運営委員長)西条・山と水の環境機構における活動
       - 20 年間の歩みと将来に向けて-
 金子慎治(広島大学 SDGs 拠点長・副学長)広島大学の SDGs への取り組みと地域貢献
 山本洋子(ジャーナリスト)「新日本酒紀行」からみた日本酒とその地域の未来
 小野寺真一(広島大学 SATO 拠点)西条の地下水資源は持続可能か?
       -農業との相乗効果、都市化の影響-
総合討論 16 : 30 ~17 :00
 コメント
  栗栖真一(東広島市 政策推進監)「市の SDGs の取り組みについて」
  小倉亜紗美(呉高専)「地域活動と市民の役割」
 2021年7月20日 2021年度 第2回SATO拠点研究会
「藻場の保全に向けた研究プロジェクト:里山と里海の連携を目指して」

 日時:2021年7月20日(火) 15:00~17:30    ※オンライン(Zoomにて)
 講演者:齋藤光代(岡山大学;陸域-沿岸域相互作用)
     兵藤不二夫(岡山大学;栄養塩同位体循環)
     濱田麻友子(岡山大学;生物多様性)   
コメンテーター:杉木恒彦(広島大学)他 
 2021年6月12日  2021年度 第1回 SWATモデルによる水文過程変動の定量化ワーキンググループ
1st WS for Quantifications of Hydrological Processes, using SWAT


開催期間 /Date:2021年 6月 12日(土 )(June 12, Saturday, 2021)
開催形式 /Style:オンライン(Zoom)(*広島 大学 総合科学部 第1会議室 (事務棟3階 ; 最上階でも並行 開催 )
 Online via Zoom (*Meeting room No.1, Faculty of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University)

【プログラム /Program】 (*時間は質疑込み /Question and discussion time is included)
10:10-10:30 齋藤光代/Saito,Mitsuyo(岡山大/Okayama U),小野寺真一/Onodera,Shinn-ichi(広島大/Hiroshima U) :開催趣 旨、最近のプレゼンスについて/Opening and recent aspects
10:30-11:00 今村直広/Imamura,Naohiro(森林総研/FFPRI) : 森林小流域へのSWAT適用と課題/Challenges for SWAT application to hydrological processes in Japanese forest small catchments
11:00-11:30 小林政広 /Kobayashi, Masahiro(森林総研/FFPRI): 森林土壌の物理性と SWAT(2)/Soil physical property and SWAT: The second phase
11:30-12:00 Sharif Joorabian Shooshtari : Hydrological and water quality impact assessment under future land cover and climate change: Comparative study of dry, tropical, and temporal humid climate regions.

12:00-13:00 昼食休憩 /Lunch break   Sub Task Room: Sharif and Yuta are discussing for the comparative study

13:00-13:30 清水裕太 / Shimizu, Yuta(農研 機構・西日本/NARO WARC):Integrating observed soil moisture with river runoff for better water budget estimation at watershed scale.
13:30-14:00 清水貴範 / Shimizu, Takanori(森林総研 /FFPRI) : 日本の森林流域における蒸発散量観測と SWATの推定値 1. 放射収支と Priestley-Taylor式について /Evapotranspiration from Japanese forests -Observation and SWAT estimation- 1. Surface radiation balance and Priestry-Taylor model.
14:00-14:30 Kunyang Wang(広島大 /HU):SWAT analysis paper of forest growing impact on hydrological processes: for the revision of the rejected paper

14:30-14:45 休憩 /Tea break

14:45-15:05 齋藤光代 /Saito, Mitsuyo・石原秋太 /Ishihara, Shuta(岡山大 /OU): 大阪湾支流域 SWAT解析の論文化に向けた課題 /Challenges for publishing of the contents about SWAT analysis in a sub-basin of Yamato River
15:05-15:25 Sharon Kimbi(広島大 /HU): Review on previous researches for SWAT-MODFLOW
15:25-15:45 Halake Guyo Rendilicha (JKUAT) :Review on SWAT application for the evaluation of groundwater vulnerability

15:45~16:15 総合討論 /General discussion
16:15~16:30 今後の 計画 /Future planning  齋藤光代 /Saito, Mitsuyo(岡山大 /OU)
16:30~17:00 個別議論 /Private discussion
PAGE TOP